c670b30e.jpg色々な映画の題字を描いたり、片岡鶴太郎さんやら色々な有名人の書の師匠と言う方が直接指導してくれるという習字クラスに参加してみた。手本も何もなく、好きな様に書いて良いと言う。良い所を延ばせば良いので、手本なんて要らないそうだ。先ずは自分の名前を好きに書けと言われ書いたら、アンタ大胆な性格だねえ、と誉められた(?)その後基礎的な筆使いを簡単に教わってから好きな言葉とか大切な物を気持ちを込めて書いて練習する事になり、最初は『時』と言う字を書いていたが、やはりと思い直して書いたのが、この字。これしかないでしょー。
しかし、こんなに下手とは。。。昔は習字も得意科目だったのになあ